地図が好き!

地図が好きな男の生活ブログです

東広島呉道路 阿賀IC立体化完成予定発表!


工事中の東広島呉自動車道 阿賀IC立体化(先小倉交差点)は、令和4年3月19日に完成することが発表されました!

東広島呉道路の記事はこちらから

 

なお、通行可能時間は未定とのこと…

楽しみですね!(/・ω・)/

 

やはり年度末の開通がデフォですねー。

 

今回の立体化事業により、

① 交通混雑の緩和
② 死傷事故件数の減少
③ 救急活動支援
④ 空港アクセス向上

が見込まれるとのこと。

上記4点について、解説してみます。

 

 

① 交通混雑の緩和

先小倉交差点は呉市街・阿賀方面と広方面を結ぶ、とても渋滞の激しいところになります。

ここに東広島呉道路ができたので、東広島方面からの便利なアクセスが追加されたので、かなり混み込みでした。

特に、呉市街から東広島呉道路へ入る際、もともと先小倉交差点での渋滞が激しかったのですが、さらに左折で入っていく際の歩行者、二輪車などが流入スピードを妨げていたんですね。

あと東広島呉道路から先小倉交差点へ降りてきた際は、市道阿賀中央町田線という横路地域から入ってくる車両により、煩雑な合流・交通錯綜(織り込み合流)がボトルネックでした。

この合流により、東広島呉道路の横路トンネル・掲山トンネルあたりまで渋滞が発生しやすくなっていました。

ここで詰まった時に出会すともう…(´;ω;`)


② 死傷事故件数の減少

先程述べた、呉市街から東広島呉道路へ左折で入る際や、東広島呉道路から呉市街への右折時の際、歩行者や二輪車への巻き込み事故などが多かったようですね。

なにせ、自動車専用道との接続交差点ですから、スピードが出やすいんじゃないかと。

もうすこし一般的なICのように、料金所とかあればいいんでしょうけど、新直轄方式なんで、通行料金無料ですからね…料金所はないし、急いだまま交差点に入っちゃうこと多いんですかね…

 

③ 救急活動支援

救急搬送の面でも、先小倉交差点の渋滞は、かなり影響を受けています。

呉医療センターは、呉市青山という海上自衛隊の近くにあるんですが、東広島呉道路から呉医療センターまでは、休山トンネルを通行するルートが最短経路になります。

→休山トンネル(休山新道)の記事はこちらから

 

その為、先小倉交差点の渋滞解消は必須です。また、阿賀IC出口の混雑は、交通錯綜により緊急車両をかわせない原因にもなっています。


④ 空港アクセス向上

常に不便な空港にランクインする広島空港ですが…(´;ω;`)

東広島呉道路は広島空港~呉市を結ぶ大切なルートです。特に呉市は、戦艦大和や呉鎮守府、海軍の町など観光資源がとても豊富な市なので、観光客も多いのです。空港からのアクセス確保のためにも、渋滞による時間損失は非常にもったいないといえるでしょう( ゚Д゚)

 

まとめ

ソース画像を表示

今回の立体化事業により、東広島呉道路がより充実したバイパス道路へと変化しました。

呉市街へのアクセスとして、広島呉道路より東広島呉道路の方が、現時点で優位であると思います。

広島呉道路の記事はこちらから

 

なぜなら通行料金が無料で、山陽道と直結しているからです。

どの方面から呉市街を目指すかにもよりますが、同じ山陽道と直結しているなら、広島都市高速を経由するより東広島呉道路の方が断然料金がかからないのでお得です。

ガソリン代も高騰してますしね。

 

今後、広島呉道路が4車線化すれば、また変わってくると思います。

東広島呉道路は当分2車線のままでしょうし、冬季の積雪による路面状況もあるので…

 

広島呉道路が4車線化するまでは、断然東広島呉道路がおすすめだと、今回の立体化事業で確信しています(´-`).。oO

 

呉市HPに詳細が載っています。